blank
壁面コートセルにおけるatomic-motion-induced Ramsey narrowingの数値計算
司城宏太朗, 古賀紀毅, 児玉洸樹, 谷優飛, 光永正治
第二十七回光物性研究会、TA-8 (2016)
Na 原子の 3S-4D 2 光子遷移の Zeeman 分光と偏光依存性
司城宏太朗, 古賀紀毅, 児玉洸樹, 谷優飛, 光永正治
2016年秋物理学会、15pKJ-11 (2016)
Zeeman spectroscopy and polarization dependence of 3S-4D two-photon transition in Na atoms
Kotaro Shijo, Noriki Koga, Hiroki Kodama, Yuhi Tani and Masaharu Mitsunaga
ICAP2016 at Seoul, Korea, Mon-059 (2016)
V型電磁誘導透過を用いた励起状態Zeeman分光
司城宏太朗, 播广屋和貴, 光永正治
2016年春物理学会、22aBK-4
Observation of excited-state Zeeman splittings by V-type electromagnetically induced transparency in Na vapor
K. Shijo, K. Harimaya, and M. Mitsunaga
ISAMMDoF at Kumamoto, Japan, P-9 (2015)
Lineshape study and ac Stark shifts in N-type resonances in Na vapor
K. Harimaya, K. Shijo, and M. Mitsunaga
ISAMMDoF at Kumamoto, Japan, P-10 (2015)
N型共鳴と電磁誘導透過の干渉
播广屋和貴, 司城宏太朗, 光永正治
2015年秋物理学会, 17aAC-12
ナトリウム原子におけるコヒーレント分布数振動
司城宏太朗, 林暢仁, 杉園隆太, 坪田幸典, 播广屋和貴, 光永正治
2015年春物理学会、22pAG-5
コヒーレント分布振動と電磁誘導透過による光情報記録
司城宏太朗, 林暢仁, 杉園隆太, 坪田幸典, 播广屋和貴, 光永正治
第二十五回光物性研究会、VA-89 (2014)
N型共鳴とEITにおけるac Starkシフトの比較
播广屋和貴, 林暢仁, 杉園隆太, 吉田一路, 司城宏太朗, 坪田幸典, 光永正治
2014年秋物理学会、9pAW-5
Na蒸気におけるN型共鳴の観測
杉園隆太, 林暢仁, 保科圭孝, 吉田一路, 司城宏太朗, 坪田幸典, 光永正治
2014年春物理学会、29pCF-14
Quantum interference effects in a V-type 3-level system
Y. Hoshina, N. Hayashi, K. Tsubota, I. Yoshida, K. Shijo, R. Sugizono, and M. Mitsunaga
ICAST at Kumamoto, Japan, 2-6p (2013)
Improvement of EIT signals by push-pull pumping
K. Shijo, N. Hayashi, I. Yoshida, Y.Hoshina, R. Sugizono, K. Tsubota, and M. Mitsunaga
ICAST at Kumamoto, Japan, 2-5p (2013)
Push-pull pumpingを用いたEIT信号の改善
司城宏太朗, 林暢仁, 吉田一路, 保科圭孝, 杉園隆太, 坪田幸典, 光永正治
2013年秋物理学会、27aBA-4
V型3準位系における量子干渉効果U
坪田幸典, 保科圭孝, 林暢仁, 吉田一路, 司城宏太朗, 杉園隆太, 光永正治
2013年秋物理学会、27aBA-5
EIT及びラムゼーフリンジにおける ac Stark シフト
林暢仁, 吉田一路, 藤田和希,谷口秀也,保科圭孝,光永正治
2013年春物理学会、29pEG-6
V型3準位系における量子干渉効果
保科圭孝,谷口秀也,林暢仁, 藤田和希,吉田一路, 光永正治
2013年春物理学会、29pEG-5
Observation of Raman Ramsey Fringes in Na vapor
I. Yoshida, N. Hayashi, K. Fujita, S. Taniguchi, Y. Hoshina, M. Mitsunaga
ISAMMDoF, P-6(2012)
ナトリウム蒸気を用いたラムダ型3準位系におけるラムゼーフリンジの観測
吉田一路, 藤田和希,谷口秀也, 光永正治
2012年秋物理学会、20aAJ-11(2012)
Electromagnetically induced polarization rotation in Na ladder systems
Y. Hoshina, S. Taniguchi, K. Fujita, I. Yoshida, M. Mitsunaga
ICAP2012 at France, (2012)
Optically detected magnetic resonance using elliptical polarization
K. Fujita, S. Taniguchi, I. Yoshida, Y. Hoshina, M. Mitsunaga
ICAP2012 at France, (2012)
ラダー型3準位系における光誘起偏光回転の測定
谷口秀也, 本坊尚也, 椙村祥太, 藤田和希, 光永正治
2012年春物理学会、26pBE-14
光検出磁気共鳴を用いた核ゼーマン分裂の観測
保科圭孝, 北祐介, 吉田一路, 谷口秀也, 藤田和希, 光永正治
第22回光物性研究会、UB-59(2011)
量子干渉効果による光誘起偏光回転
本坊尚也, 谷口秀也, 光永正治
第22回光物性研究会、TB-35(2011)
ナトリウム蒸気におけるコヒーレントポンププローブ分光
椙村祥太, 藤田和希, 光永正治
第22回光物性研究会、TA-7(2011)
Transition from EIT to parametric amprification
S. sugimura, K. Takahashi, N. Hayashi, N. Hombo, S. Taniguchi, K. Fujita, and M. Mitsunaga
ICAST at Jinan, China, 9-2-o(2011)
光RF2重共鳴による核ゼーマン分裂の観測
藤田和希, 谷口秀也, 椙村祥太, 本坊尚也, 光永正治
2011年秋物理学会、22pEB-10
ラダー型3準位系における2光子吸収と電磁誘導透過の干渉
城戸宏旭, 林暢仁, 藤沢晃彦, 高橋賢一, 光永正治
2010年春物理学会、20aTD-4
マッチトパルスの超低速伝搬:原子密度依存性
高橋賢一, 藤沢晃彦, 林暢仁, 城戸宏旭, 光永正治
2010年春物理学会、20aTD-3
不均一拡がりに着目したEITプロファイルの解析
エプソントヨコム, 熊本大自然A 吉田啓之, 珍道幸治, 青山拓, 石原直樹, 林暢仁A, 光永正治A
2009年秋物理学会、28aZF-1
マッチトパルスの超低速伝搬
藤沢晃彦, 林暢仁, 城戸宏旭, 高橋賢一, 光永正治
2009年秋物理学会、25aZF-1
Slow light in a parametrically amplifying medium
N. Hayashi, A. Fujisawa, and M. Mitsunaga
Slow and Fast Light at Hawaii, USA, PDJWA30 (2009)
Ultraslow Matched-Pulse propagation in Na vapor
M. Mitsunaga, N. Hayashi, J. Okuma, and A. Fujisawa
Slow and Fast Light at Hawaii, USA, STuA5 (2009)
パラメトリック増幅媒質における超低速パルス伝搬
林暢仁、奥間惇治、竹下洋祐、枝元忠義、藤沢晃彦、光永正治
2009春物理学会、28aSD-2
外部共振器を用いたナトリウム原子のパラメトリック発振
奥間惇治、林暢仁、枝元忠義、竹下洋祐、光永正治
2009年秋物理学会、22aZA-8
Parametric amplification in electromagnetically induced transparency
J. Okuma, K. Harada, K. Mori, N. Hayashi, and M. Mitsunaga
CLEO /QELS at San Jose, USA, JWA128 (2008)
EIT媒質におけるパラメトリック増幅I. 理論的考察
光永正治、森研二、林暢仁、吉田啓之、奥間惇治、竹下洋祐、枝元忠義、原田健一
2008年春物理学会、23pQD-1
EIT媒質におけるパラメトリック増幅 II.実験と観測
奥間惇治、森研二、原田健一、林暢仁、吉田啓之、枝元忠義、竹下洋祐、光永正治
2008年春物理学会、23pQD-2
ゼーマンEITと超微細EITの比較
吉田啓之、原田健一、林暢仁、森研二、野村博、石原直樹、光永正治
2007年秋物理学会、22pRH-7
Four-wave parametric oscillation in Na vapor
N. Hayashi, K. Harada, M. Ogata, K. Mori, H. Yoshida, and M. Mitsunaga
CLEO/Pacific Rim 2007, WP_087
楕円ビームによる4光波パラメトリック発振
原田健一、緒方稔、林暢仁、森研二、吉田啓之、光永正治
2007年春物理学会、21pXK-1
電磁誘導回折による4光波パラメトリック増幅U:実験と観測
森研二、本村幸治、原田健一、緒方稔、林暢仁、吉田啓之、光永正治
2006年秋物理学会、26aRB-6
電磁誘導回折による4光波パラメトリック増幅T:理論的考察
光永正治、本村幸治、原田健一、緒方稔、林暢仁、吉田啓之、森研二
2006年秋物理学会、26aRB-5
Theory of four-field parametric amplification
M. Mitsunaga, N. Hayashi, H. Yoshida, K. Harada and K. Motomura
International Conference on Atomic Physics (ICAP) at Innsbruck, C.115 (2006).
Observation of correlated emissions by electromagnetically induced diffraction
K. Harada, K. Motomura, M. Ogata, K. Mori, and M. Mitsunaga
International Conference on Atomic Physics (ICAP) at Innsbruck, C.99 (2006).
量子干渉効果を用いたサイドバンド光の発生
緒方稔、上橋達也、脇山彰、原田健一、本村幸治、光永正治
2006年春物理学会、30aSA-3
EITと誘導ラマン散乱の競合
原田健一、上橋達也、脇山彰、緒方稔、本村幸治、光永正治
2005年秋物理学会、20aWA-5
ナトリウム蒸気における電磁誘導回折
上橋達也、原田健一、脇山彰、緒方稔、本村幸治、光永正治
2005年秋物理学会、20aWA-4
Electromagnetically Induced Diffraction in Sodium Vapor
K. Harada, S. Tanaka , T. Kanbashi, M. Mitsunaga, K. Motomura
IQEC and CLEO-PR 2005 July 11-15, Tokyo QThL2-2
Electromagnetically Induced Transparency: Is it really true?
M. Mitsunaga, K. Harada, T. Kanbashi, A. Wakiyama, and K. Motomura
14th International Laser Physics Workshop (LPHYS'05) July 4-8, 2005, Kyoto, Japan 5.6.4
Na蒸気における相関光子対の発生
脇山彰、塚本真由美、原田健一、田中知史、上橋達也、本村幸治、光永正治
2005年春物理学会、27pYE-8
EIGを用いた光パルス伝搬の制御
田中知史、原田健一、塚本真由美、上橋達也、脇山彰、本村幸治、光永正治
2004年秋物理学会、14aTF-12
量子干渉効果による量子メモリー
塚本真由美、原田健一、田中知史、脇山彰、上橋達也、本村幸治、光永正治
2004年秋物理学会、14pTF-7
Coherent Raman beats from dark states
K. Harada, K. Motomura, T. Koshimizu, H. Ueno, M. Tsukamoto, S. Tanaka and M. Mitsunaga
International Conference on Atomic Physics (ICAP) at Rio de Janeiro, C0030 (2004).
暗状態からのcoherent Raman beat
原田健一、本村幸治、越水隆典、上野博隆、塚本真由美、田中知史、光永正治
2004年春物理学会、30aXG-4.
Na蒸気におけるEITのヘテロダイン検出
越水隆典、本村幸治、原田健一、上野博隆、塚本真由美、田中知史、光永正治
2003年秋物理学会、23aTF-5
光情報記録実験による冷却Na原子の過渡分光
上野博隆、原田健一、本村幸治、越水隆典、山下眞、田中知史、塚本真由美、光永正治
2003年秋物理学会、23aTF-4.
量子干渉効果を用いた冷却原子の温度診断
原田健一、本村幸治、朝飛仁志、上野博隆、越水隆典、光永正治
2003年春物理学会、31aYA8.
暗状態トモグラフィー
本村幸治、朝飛仁志、原田健一、越水隆典、上野博隆、光永正治
2003年春物理学会、31aYA7.
Condensate growth with large three-body loss
M. Yamashita, M. Koashi, T. Mukai, M. Mitsunaga and N. Imoto,
International Conference on Atomic Physics (ICAP) at Massachusetts, I26 (2002)
不均一磁場によるdark stateの空間計測
朝飛仁志、本村幸治、原田健一、上野博隆、越水隆典、光永正治
2002年秋物理学会、8pXF-2.
非常にゆっくりとしたボーズ凝縮体の成長実験に対する運動論的解析
山下眞、小芦雅斗、向井哲哉、 光永正治、井元信之、向井孝彰
2002年春物理学会、27pWM-5.
EITを用いた光情報記録
本村幸治、朝飛仁志、原田健一、渕上瑞樹、光永正治
2002年春物理学会、25aWM-7.
冷却ナトリウム原子によるEITの吸収イメージング
渕上瑞樹、原田健一、朝飛仁志、本村幸治、光永正治、山下眞
2002年春物理学会、25aWM-1.
High-resolution coherent population trapping in sodium vapor
M. Yamashita, M. Koashi, T. Mukai, M. Mitsunaga and N. Imoto,
Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO/Pacific Rim) at Makuhari, Chiba, ThG1-3 (2001).
Optimization of evaporative cooling in trapped Bosonic atoms
M. Yamashita, M. Koashi, T. Mukai, M. Mitsunaga and N. Imoto,
Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO/Pacific Rim) at Makuhari, Chiba, ThG2-4 (2001).
蒸発冷却の最適冷却経路とBEC原子数の増大
山下眞、小芦雅斗、向井哲哉、 光永正治、井元信之
2001年秋物理学会、19aTB-2.
EITを用いた時間領域光情報記録
光永正治、渕上瑞樹、本村幸治、原田健一、朝飛仁志、山下眞
2001年秋物理学会、17pTC-12.
Na原子による高分解Coherent Population Trapping
本村幸治、渕上瑞樹、朝飛仁志、原田健一、光永正治
2001年秋物理学会、17pTC-10.
擬2次元原子気体のダイナミクス
山下眞、向井哲哉、 光永正治、小芦雅斗、井元信之
2001年春物理学会、30aYN-4.
量子テレポーテーション実現のための2光子干渉実験
小船秀明、本村幸治、渕上瑞樹、元吉明夫、松岡正浩、光永正治
2000年秋物理学会、23aYK-9.
EITを用いた冷却原子の温度診断
光永正治、渕上瑞樹、本村幸治、小船秀明、山下眞
2000年秋物理学会、24pYK-7.
トラップされたフェルミガスにおける蒸発冷却の運動論
山下眞、向井哲哉、 小芦雅斗、 光永正治、井元信之
2000年春物理学会、24pC-3.
パラメトリック下方変換による量子通信とテレポーテーション
叶浩司、小船秀明、本村幸治、松岡正浩、元吉明夫
2000年春物理学会、23pC-2.
メンバー紹介
members
研究内容
researches
学会発表
presentations
論文紹介
papers
写真館
photos
スケジュール
schedule